橋×夕日、圧巻のコントラスト「三仙台」


日本から近く、グルメやショッピングを堪能できる台湾。女子旅の定番ともなりつつあります。リーズナブルで、しかも美味しいものを食べられるので人気ですが、美しい景色を楽しむことのできる絶景地もたくさんあるのです。今回は、絶景スポットの一つ三仙台(サンシエンタイ)をご紹介します。

三仙台とは

三仙台は台東に位置します。昼は青い海を、夕方には鮮やかに燃えるような夕日を臨むことができます。

元は火山から成る岬でしたが、波の侵食を受けて陸から分かれ離島ができたのです。島までは長い龍の背中のようなアーチが8つある八拱橋(バーゴンチャオ)という橋がかけられています。夕暮れ時には、八拱橋が夕日に照らされて優美な造形美と自然の美しさとに息を飲むようです。島に渡ると珍しい植物や波の浸食によってできたさまざまな地形、洞窟探索を楽しむことができます。島を1周できる整備された遊歩道がありますが、歩きやすく底の厚い靴を履いていきましょう。さらに、三仙台付近の海は美しく、サンゴや熱帯魚を見ることができるのでダイビングスポットとなっています。島には3つの大岩礁があります。この岩に関係する伝説があります。仙人が海を渡る途中で呂洞濱、何仙姑、李鐡拐の三人の仙人がこの岩の上で休みました。この伝説が三仙台という名前の由来となっています。

三仙台へ行くには?

花蓮駅から台東、成功行きの花蓮客運バスに乗り、三仙台バス停下車。または台東駅から靜埔行きの鼎東客運バスで三仙台バス停下車。台東からは約2時間かかります。台東経由で三仙台に行くにはかなり遠回りをしなければいけないので、在来線の台鐡の玉里駅まで行きましょう。玉里駅で下車したら駅前の道を左に曲がった所にバス停があります。三仙台バス停で下車しましょう。台湾東部のバスの乗り方は、乗車の際に目的地を告げて乗車券を購入します。そして下車するときに乗車券を渡します。バスは海岸線を走るので、車窓から綺麗な景色を見ることができますよ。

Back To Top